Introduction

――聖暦868年。光と闇の最終決戦。
年代記聖歴編の結びには、
魔王と円卓の騎士たちとの戦いの結末が、
極めて簡潔に記されている。

光の敗北――。

その時からアルダの地は絶望に包まれた。
闇に蝕まれた大地と海。
狂気にかられた人々、牙をむく魔物の群れ。
魔王が支配するこの世界に、かつてのような平和はなかった。

そうして100年の時が経ち、
かつて倒れた騎士は新たな命を得て地に降り立つ。

果たせなかった遠い日の誓いのため。
この時代に待つ生徒たちを導くため。
そして、絆の力で今度こそ魔王を倒すために。

冷たい雨に打たれるアルダの地の片隅で、
光と闇の戦いは静かに、再び幕をあける。

必要なものは、生徒との真の絆――。